多趣味貧乏。

34歳、永遠の子供が展開する趣味ブログ

スポンサーリンク

チビタレルでなんとかイッポン!

「明日、友達とディズニー行ってきていい?」
と、嫁さんからお伺いあり。

キター!もちろん断る理由なし!!
「行ってきなよー!」
と快く送り出してあげました!

で、俺は1日釣りへ行ける事に!

某ホットドッグ屋さんのブログでは、最近河口湖の調子が上がってきたたとのこと。
友人にポイントを教えてもらった印旛沼周辺と霞水系も面白そう。

迷いましたが、それぞれの天気予報を見たときに、
河口湖最低気温1℃」
とあったので、河口湖やめました笑

この季節、河口湖の方がやることは決まってそうだし、出ればデカイと思うので行きたかったんですけどね

んで、長門川周辺の印旛沼水系。
ポイントは教えてもらいましたが、こっちはこっちで厳しそう。
朝イチの表水温は13℃。

6時スタートで、朝イチは有望ポイントをランガン
8時頃、気温が上がってきたところで、日が当たる側の護岸沿いにチビタレル。

バスの捕食エリアへふらふらっと入ってきてしまったギルを演出。
マッディー過ぎてわからないのですが、テトラ?岩?沈船?の上で、グリっと早巻き。
ストラクチャーの影からドンって感じでした。

体高もあって、太かったのでデカく見えますが、40弱。
釣った時の表水温は15℃、陽が当たるだけでこれだけ表水温が上がるっていうのは驚いた。

で、その後は沈黙…

新川行ったり破竹川行ったりしますが水が死んでてだめ。

カスミ方面へ向かいますが本湖はよくわからないので、15時頃から花室川へ。
橋の上から観察してると、デカ鯉のスクール。なんだよ〜とずっと見てると、デカ鯉に紛れたデカバスでした笑 上は50UP、40あるなしの家来達を引き連れてましたが、結構移動範囲が広い。

橋脚の下流側、流れのボトルネックで入れ替わり立ち代りフラフラと。小魚よりもボトムを意識しているように思えました。あとは上流から流されてくる何かを待っているような。
あとは、たまに岸際で「ボフッ」っていう抑え込むような捕食音が聞こえたので、接岸してるエビとかザリとかを食ってたのかもしれないです。

色々試してみましたが、この子達は釣れずに終了。

今日の花室川は、1年間おっかけてみた川スモールの行動に似てる部分もあり、面白かったです。
イモグラブとかスモラバなどをドリフトさせるなどの方法であれば釣れたかもしれませんが、あいにく持ち合わせがなく。

今日は、基本的には竿一本で周りました。やっぱりMH竿はなんでもいけるんで便利。
チビタレル、シャロークランク(イヴォーグ2.0)、カワシマイキー、ダッジ、そしてジグのローテでした。

今回釣ったチビタレル。
使い方、色々試してみましたが、1番活きるのはスローリトリーブとステイで、これが基本かなと。
スローリトリーブからストップさせたときに軽く竿送り込むだけで90度〜120度は頭を振ると思います。180させたい場合は、トゥイッチかジャークですが、私はあまりしません。
・糸なり音が気になること
・エビりそうなこと
・釣りが雑になりそうなこと
が理由です。
代わりに、ハンドルをグリッ!グリグリッ!っと早巻きして、トゥイッチ、ジャークと同じ動きをさせました。

参考になれば。

2016年6月1日 チビタレルで特大捕獲!!
tasyumin.hatenablog.com


今年もあと2ヶ月を切り、我慢の季節が到来しますね。
デカイの釣りたいっす!

ブログランキングに参加してます!
おうえん宜しくお願いします(^ ^)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク