読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多趣味貧乏。

34歳、永遠の子供が展開する趣味ブログ

スポンサーリンク

雨の河口湖釣行

こんにちは。

今日は、雨とはわかりつつも河口湖へ行ってまいりました。

昨夜の予報では午前10時から雨。
今朝の更新ではお昼12時頃までもちそうでしたが、どちらにしても午前勝負の作戦を組みました。

有望そうなポイントを4箇所に絞りこみ、そこを4時間かけてランガン!
最後、1番反応のあった箇所でいけるとこまで粘る作戦!

まずは湖波ボート付近から、クリスタルSでサーチすると2投目でヒット!

38のおそらく放流バス。

ウィードを、ぱつん と切った瞬間のバイトでした。

んで、リリース後1投目でまたヒット!

こいつも放流かな〜
やはりウィード抜けた瞬間でした。

ここまでで、3投で2匹(笑)


ひょっとしてTHE DAYじゃね!?




と、少しでも思ってしまったことが今日の敗因です。。
2匹釣った以降、ぱったりと何も起こらなくなってしまったのに、浅川〜湖波エリアで粘りすぎてしまいました。
しかも予報よりも早めに雨が降り出してきて。。

小海のスロープへ移動し、見えバスにジグで食わせるも、すっぽ抜け。

再アプローチで、ラインがツーーッと走りフルフッキングかましましたが、まさかのアワセ切れ…

ラインは新品だったので、結びが甘かったかな。魚に悪いことした、すまんm(_ _)m
ジグは全部バーブレスにしてあるので、うまく外してくれる事を祈る!

その後、昼休憩を挟み雨が強まり、心が折れました。

終〜了〜



さて、放流バスについて感じたこと。

今日の2匹。40弱でプロポーションは悪くないバスでしたが、、


全然引かねえ


ウィード切った瞬間のバイトだったのですが、最初の グググ っ! だけで、ウィード回収してるみたいでした。

「またかよ〜泣」

って声が聞こえてきそうなほど、かわいそうなほど、引かねえw
放流後、釣られまくってお疲れなのでしょう。

いずれこの子達は確実に死んでいくのでしょう。実際に真っ白になった亡骸がシャローに打ち上げられてました。

そしてこんなボロボロな子も。

ペレット食って育てられたバスは、自然界に放たれた瞬間、適応出来ないのでしょうね。
ガリガリの死体は無かったので、餌食えなくて死ぬというより、抵抗力の問題とかそんなんでしょう。

釣らせる為の放流もいいとは思うんですが、稚魚の放流だとか、生存率に重点を置いた放流もすればいいのにな。って思いました。
まあ、色々と問題のある魚種ではありますが…

ネイティブのデカバス狙える素晴らしいフィールドである一方で、管理釣場でもあるんですよね、ここは。



しかし釣り人少なかったなあ〜
自分が見かけただけになりますが、ボートが5艇くらい、オカッパリが6人くらい笑

紅葉が綺麗でした。

もう今年は終わりですな。


ブログランキングに参加してます!
おうえん宜しくお願いします(^ ^)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク