読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多趣味貧乏。

34歳、永遠の子供が展開する趣味ブログ

スポンサーリンク

ワイルドサイド 72MHのインプレ

タックル

昨年、北大祐プロ使用ロッドとして、一躍注目を浴びたロッド、レジットデザイン社のワイルドサイド。

f:id:tasyumin:20170105185716j:image

 (レジットデザイン社HPより)

私は昨年春に「WSC72MH」という番手を導入後、約半年ほど使用してから手放しました。

 

ワイルドサイドは、ツイッターや、ブログなどで、すこぶる評判の良い竿です。

 

私なりの使用感、これから購入を検討されている方の参考になればと思い、インプレしてみたいと思います。

 

全体的な印象

持った感じでは、

ヘビーロッド?

と思わせるような 剛竿感があります。

ティップがパンパンな印象。

ところが、負荷をかけるとキチンとMHです。 

・持った感じ、曲がり始めはH、

・曲がりきるとMH、

・リフトパワーはH、

といった感じでしょうか。

底モノ、打モノ 、重量級マキモノ

のベストマッチ感あります。

 

曲がりとルアーウェイト

曲がり出すためにソコソコのウェイトが必要なので、

通常のMH竿に比べてると軽めのウェイトに弱い気がします。

適合ウェイトが、5g〜となっていますが、先ず無理。

(リールとライン次第でしょうけど^^;)

5gテキサスならいけますが、どちらにしても総重量は10g以上は欲しいです。

そうかと言って、

上限ウエイトがめちゃくちゃ高いかといえばそうではなくて。

ジョイクロ178上からがギリギリな感じでした。(結構怖い…)

  

下は10g〜、上はジョイクロ178。

ジョイクロ178は、なんとか上からいけましたが、かなり怖さがあります。

本当に「なんとか」投げられるレベルです。メインでは考えられません。

横からであれば、ガンタレルも放ったことがあります。

(オーバーウエイトは自己責任でお願いします^

 

私の用途としては、
・ジグ打ち
・1/2以上のマキモノ
・中型ビッグベイト
として使用しました。

 

レングスとバランス

レングスですが72ということで、

結構持ち重りを感じます。

 

これは、

ツララモンストロ710や、ディビジョンツララ73リミックスなどの実重量が200g前後のヘビー竿と比べてもそう感じてしまいました。

メーカースペック的には136gと剛竿にしては決して重い方ではないはずですが…

バランスが悪いのだと思います。

 

メーカーコンセプトは、

「LEGIT DESIGNが重要視したのは実釣時におけるロッドの性能アップ。軽いだけでも、シャープなだけでも、理想なロッドにはならない。(レジットデザイン社HPより)」

と、総合点の高さをウリにしています。そうであれば、スペック数字を犠牲にしてでも、もう少しロッドバランスが取れた方が良いかと思いました。

 

ただ、合わせるリールで調整できる点かもしれません。

私は13メタニウム(170g)で使用していましたが、200g前後のリールを組み合わせると良いかもです。メタニウムDCやクラド、ダイワならジリオン あたりでしょうか。

(最近のリールは軽くなり過ぎですね^^;)

 

マイクロガイドについては、どちらでもいいって感じです。

遠投性能は犠牲になっている気がしますが、気がするだけで実際のところはよくわかりません。

 

ただ、72という長さがありながら、

「オカッパリ遠投スペシャルだぜ!」

という特性は無かったです。

 

ロッドパワー

魚をかけてからについですが、マジで強いです。

f:id:tasyumin:20170105195520j:image

河口湖であげたロクマルは、アフターだったとはいえ、流れの中でのファイトでした。

スモールについても、突っ込み力が1番強いと思う40センチ前後の魚とファイトしてます。

いずれの場合も、竿の吸収と復元力のおかげで、「竿を立てるだけ」で寄ってきます。

アラミドの恩恵かどうかはわかりませんが、粘るロッドであることは間違い有りませんでした。

 

気に入らなかったところ

性能には関係の無いところで、

・紫色のパーツが安っぽい

SNS等で繰り広げられるステマ

・使用者急増によるミーハー感

ですかね^^; 

 

私の性格的な部分ですw

 

そして、

エクスプライドって優秀じゃね!?

とも思わせてくれた竿ですw

  

こんな人にオススメ!?

プロスペック竿がこの値段!?
という「競合が少ない」ゾーンにぶっ込んできたうえ、タイムリーな北プロの大活躍…売れると思います。

トーナメント志向が高めなロッドだと思うので、竿を何本も持ち歩く方、レンタルボーダーの方には、最適だとおもいます。

 

逆にオールマイティロッドという「汎用性の高さ」などを求めている方、

ロッドにかけるコストをカットして、リールにお金をかけたいという方、
「エクスプライド・ゾディアス」
などのロッドを選択された方が幸せになれると思います。

 

ワイルドサイドは、ある意味分岐点にある価格設定の竿なので、

「これじゃないとダメ」

といった選択肢にはならない竿かなと。

一点豪華主義としてハイエンドに振り切る選択肢。

なども考えられますよね。

 

まとまらないwまとめ 

各方面の評判どおり

スペックや性能、価格設定などなど、申し分ない優秀な竿だと思います。

 

 そしてすぐにポチれてしまう魔の竿w

 

だからこそ自分のスタイルと、この竿の立ち位置を考慮しないと、すぐに必要がなくなり、飽きて手放すことになりますw

(ちなみにヤフオク相場低いです…)

 

竿はよく考えてから買いましょう^^;

釣りのモチベーションあがんねぇ

タックル

春っぽさ。

日に日に増していきますね。

 

釣りへのモチベーション。

上がらないといいますか、なんか億劫なんですよね、最近。。。

 

そして朝は他の時間に当てたいなぁ

なんて思いも。

 

理由はムスコ。

朝とかキャッキャしながら俺の顔弄ってくるから、マジ可愛いくて…

朝釣り行っちゃうとこのひと時が味わえないんだよね。

f:id:tasyumin:20170224102000j:image

完全に親バカなんだけど、

この可愛さどうにかしてくんねぇ?

釣りどころじゃねえよ。

と( ゚д゚)

 

ムスコよ!

いつか一緒に釣りへ行こうな!

 

 

 

スナップ導入の件

さて話は変わりますが、

今年から「スナップ」を導入しています。

以前は、結束部分が弱くなるのを気にして、その都度結びなおしていました。

しかし、いつもブログを拝見させて頂いている、雄蛇ヶ池のつかじーさん、埼玉60UPのみかんさん、など、こぞってスナップ推奨派なもんで、ちょっと影響をされて見ました。

 

どうだったか

評判などを参考に色々試した結果、カルティバの耐力スナップを使ってます。

f:id:tasyumin:20170224102813j:image

硬さ、細さ、重さ、開きやすさ、

ちょうどいいのかなって思います。

 

やはり、ルアーローテーションの際に時間短縮が出来るので便利です。 

太糸(16lb以上)を使っているので、結束部分の強度低下は全く気になりませんが、1時間毎に結び直す用にしてます。

 

少しアイデア

フック、シンカー、などの小物類と、一緒に収納するのはいいんですが、案外がさばるっす、スナップの袋は。

フィールドでガサガサ袋を開けるのもスマートではないなと。

 

そこで考えたのが、

ハンズで買ったワイヤーリングに

f:id:tasyumin:20170224103518j:image

いくつかスナップを通して、

f:id:tasyumin:20170224103532j:image

輪っかにする

f:id:tasyumin:20170224103546j:image

もう一本のワイヤーには、

ハサミ、スプリットリングオープナー、ホイッスル

f:id:tasyumin:20170224103650j:image

これらの輪っかをバッグにつけてます。

 

オカッパリでは、「ワンタックル&少しでも荷物を減らしたい派」なので、ちょっと考えて見ました。

 

 

 

まじホントにどうでもいいアイデアなんですが(´∀`)

参考に出来そうな方は是非やって見てくださいませ!

 

 

あ、釣りへ行きたくなってきたかも!?

 

スポンサーリンク