読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多趣味貧乏。

34歳、永遠の子供が展開する趣味ブログ

スポンサーリンク

オカッパリ。両手効き→無双な妄想

気が付いたら、役1ヶ月放置しておりました…

アクセス数も激減しております…

釣れないと特に書くこともなく…

ってのは、来年からは改善したいところです。

 

 

さて。

来年は、「近場で頑張る」というテーマになりますが、今年の秋から開拓含めて「川」へ通っております。

 

止水域の釣りとの大きな違いは、

一周回る。

といったことが無いです。

 

立ち位置が限られる中で、取ることが出来る選択肢は、

・左岸?

・右岸?

・釣り上がる?

・釣り下がる?

なのですが、例えば上流から見たとして「左岸、釣り上がる」乃至、「右岸、釣り下がる」の時に、問題が生じます。

 

それは、キャストです。

 

私のスタイルは、「右投げ、右巻き(sは左巻き)」なので、右にブッシュや垂直護岸があったりすると、投げられないのです。

※右投げ左巻きでも、逆サイドで同じ問題が生じます。

 

バックハンドキャストはあるものの、イマイチコントロールが決まりません。

そこで、役に立つのが「左手キャスト」。

少し前から、練習はしていたのですが、短距離のピッチング、サイドキャストは、そこそここなせるようになって来ました。

 

精度アップと、オーバーハンドキャストが課題。ということで、この冬は「左手キャスト」を会得したいと考えております。

(どうせ釣れねーしねw)

 

私の中で、ベイトの左巻きはありえないので、「投げたままの手で巻き始められる」ってゆー、左巻きの利点というのは、あまり気にしたことはなかったのですが。

実際に左手で投げ始めたら、マキモノで護岸際を流すときなんかは、思った以上に快適な感じでした。

あとは、ボートに乗せてもらうとき、

船首が右向いてるときは、船長を釣っちゃいますからね。そんな時にも便利かも。

バスプロだと、青木のDさんが左手で投げてたっけかな?

他の人はしらん。

バス釣り界では、常識なのかな、両手で投げられるのは?

サッカーやってる人は、両足で蹴られるし。だけど、野球はあまりいないな…

わからん。

 

以上、「両効き→無双」な妄想でした。

 

マシンガンキャストで、This is T.Namikiだぜっ

 

スポンサーリンク